健康に過ごすためには・・コレ

保険に関する悩みを基本情報に基づいて解決します!

保険というのは、主に万が一の事態が発生したときのために保障をしてくれる契約を意味しています。

 

今は若いから保険に加入する必要はないと考えていても、万が一の事態というのは思っているよりも身近に存在しているものです。

 

 

生命保険や医療保険であれば、万が一の入院や手術、志望に関する自体のときの保障をしてくれるので、仕事が休職に追い込まれても自分自身だけでなく家族が路頭に迷うことはないでしょう。

 

 

 

自動車保険であれば、万が一の事故や身に起きた外傷に対して保障が発生します。

 

 

 

特に人身事故で相手方を死亡させてしまった場合には、損害賠償金としては1000万では補いきれず、すぐには払える方はほんの一握りでしょう。こういった不測の事態に対して、安心のできる生活を営むために保険が必要になります。

 

 

 

ほとんどの保険は、加入時期が遅くなるほど保険料も高くなりますし、若いリスクの少ないときに加入しておいたほうが将来的にも費用が安く済むことがあります。また、現在加入している保険が現状の生活状況に本当に適したものなのかは、実際そのときを迎えてみないと分からない事も多いです。

 

 

 

ですから、そういった場合には保険の見直し行って、現状よりもよりよいプランがないか、本当に適した保険なのかを再検討していく事が重要です。

 

 

保険の見直しは必要か

よくテレビで保険の見直しに関するCMが流れていますね。実際保険の見直しというのはどうして行う必要があるのでしょうか。保険というのは、先の不測の事態に陥った場合に備えて加入しておく事が前提にあるため、先の状況というのは推測にすぎません。

 

 

ですから、実際5年後や10年後に見直してみると予想とは大きく違った生活スタイルで毎日を過ごしている事もあります。ですから、定期的に保険を見直して、保険料に対する保障が現在の生活に見合ったものなのかを検討する

 

 

 

必要性があるのです。保険の見直しに関しては、今ではネットを利用するのが非常に便利です。ネットでなら、簡単な情報を入力するだけで、今の保険に関して見直しが行えますし、契約当時にはなかった新しい保険との比較なども可能だからです。

 

 

こういった便利なツールを利用しながら、本当に気になった保険があれば、ファイナンシャルプランナーに無料相談してみると良いでしょう。

 

健康のためにおこなうこと

最近母親が青汁を始めました。最初は試しに飲んでみたそうですが、意外にも味が美味しかったらしく、定期で頼むようにしたそうです。

 

 

よくテレビでやっている通販のものでしたが、最初はなんとお試しで500円で頼めたらしく、その後に購入するかはもちろん自由だったそうですが、味も良く、定期で頼むと料金も結構安かったのでまずは半年試しに飲んでみることに決めたそうです。

 

 

私も一口飲ませてもらったのですが、その味に驚きました。青汁というとものすごく苦くてまずいというイメージでしたが、そんな苦みや臭みはまったくありませんでした。苦みよりもほんのりとした甘みがちゃんとあり、むしろ飲みやすい味でした。

 

 

見た目の色は薄い緑色という感じで、毒々しさもないので見た目的にもいい感じでした。

 

 

飲んでみて体調がなにか変わったわけではないですが、箱を見てみると多くの栄養素が含まれているらしく、ちょっと飲み続けてみて体調がどう変わるか試してみようかなーとか思ってしまいました。

 

 

 

とりあえず母親が1月ほど飲み続けて、体調がどう変わったか聞いてみようと思います。

 

 

 

通販の青汁を購入したと聞いた時には、うさんくさいものを購入してしまったとびっくりしましたが、ネットで調べてみたら、ちゃんとした会社でちゃんとした製品だったので安心しました。

 

 

今は健康を騙って高価な物を売りつけるなんて詐欺もあるのですが、この青汁は大丈夫な物でよかったです。

 

性病に感染したことありますか?

私自身カンジダ膣炎になった事があり、今は完治しているものの発症した際は強い痒みとおりものの変化に戸惑いました。恐る恐る陰部を鏡で見てみると、もう真っ赤!心なしか腫れている様な気もして、直視できませんでした。

 

 

その後すぐ婦人科に行き、膣洗浄と軟膏クリームを処方してもらって数日間で治りました。

 

 

その間パートナーと性交渉をしたかどうかというと、私は一切性交渉しませんでした。確かにカンジダ膣炎は性病の一種であり、感染しているにも関わらず無防備な性交渉を行うと相手にうつしてしまうそうです。

 

 

 

男性側がカンジダに感染するという話はあまり聞きません。男性は生殖器が露出していますから、感染しにくいそうです。しかし酷い痒みや違和感、痛みなどを感じた場合、もしかしたらカンジダがうつってしまった可能性だってあります。

 

 

それではいけませんから、やはりカンジダ膣炎を発症した又は発症の恐れがある場合は、パートナーとの性交渉は中止するべきでしょう。というのが一般的な見解であり、正直私の場合なぜ性交渉しなかったかというと、酷い痒みや痛み、腫れのせいで、性行為どころではなかったのです。

 

 

 

うつるうつらないというレベルではなく、性交渉なんて出来る状態ではありませんでした。もしカンジダ真っ最中の陰部に触れられようものなら、不快以外なにものでもありません。挿入?痛すぎて絶対に無理!摩擦のせいで出血してしまうかもしれません。

 

 

全く気持ちの良くないリスクだらけのセックスなんて、お互い得るものなんて何もありませんからね。

 

 

きちんと彼氏に説明し、了承してもらいました。私は膣洗浄と軟膏の処方でしたが、友達は錠剤を直接入れていたそうで、やっぱり彼氏との性行為は無理だったそうです。錠剤を入れたまま性行為ってありえませんし、治った直後も陰部が乾いた感じになったそうで、数日間は性行為を控えたそうです。

 

 

因みに、私も友達も婦人科で性病検査はしませんでした。どうやら女性の場合、膣カンジダの疑いだけでは性病検査しない事が多いみたいです。他の性病疑いがあればわかりませんが、とりあえず料金も安く済んで安心しました。

 

自宅で性病検査しませんか?性病検査値段.net